スクールカーストの闇 : なぜ若者は便所飯をするのか

和田秀樹 著

「20代の5人に1人が便所飯を経験」という驚愕の調査結果が意味するものは何か?教室内カーストと「便所飯」の歪んだ心理を解読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「便所飯」現象は、何を物語るのか(なぜ、よりにもよって「トイレで食事」?
  • 「便所飯」行為を信じられない・信じたくない人たち ほか)
  • 第2章 「スクールカースト」-教室に「身分制度」が生まれた(本来、日本人は「和」を重んじない民族だった
  • 群れるのを嫌う「一匹狼」への、密やかな憧れ ほか)
  • 第3章 本音を言えない若者は「真の自己」を失っている(「お芝居」で人づきあいを続けると、根本的な「人間不信」に陥る
  • ランチメイトとの「寒〜い」会話 ほか)
  • 第4章 「人間性」を大事にしすぎたら、社会が壊れた(大きな誤認-「IQよりEQが大事」ではない
  • 日本社会を覆う「人間性至上主義」の謎 ほか)
  • 第5章 若者たちは、なぜ未来に希望が持てないのか(大学が高校化している?クラスにしがみつく意識
  • 入社後も、学生時代の癖を引きずるOLたち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スクールカーストの闇 : なぜ若者は便所飯をするのか
著作者等 和田 秀樹
書名ヨミ スクール カースト ノ ヤミ : ナゼ ワカモノ ワ ベンジョメシ オ スル ノカ
書名別名 Sukuru kasuto no yami
シリーズ名 祥伝社黄金文庫 Gわ4-5
出版元 祥伝社
刊行年月 2013.6
ページ数 226p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-396-31612-9
NCID BB13006215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22264855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想