おとなが育つ条件

柏木惠子 著

激しい社会変動に対応できず、途方に暮れて立ち往生している-。そんな日本の「おとな」の特徴は、社会が急速に変化しているにもかかわらず旧態依然たる「あるべき」姿に縛られたところにある。いかにそこから脱するか。史上類をみない高齢化社会のなかで、自分らしく生き抜くためのヒントになる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発達とは何か
  • 第2章 おとなの知力とは-子どもの「知能」とおとなの「賢さ」
  • 第3章 感情と人間関係-おとなを支えるネットワークの発達
  • 第4章 家族の中でのおとなの発達1-結婚と夫婦関係
  • 第5章 家族の中でのおとなの発達2-「親になる」こと/「親をする」こと
  • 第6章 私はどう生きるのか-アイデンティティ、生き方、ジェンダー
  • 第7章 幸福感-何がその源泉か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おとなが育つ条件
著作者等 柏木 恵子
柏木 惠子
書名ヨミ オトナ ガ ソダツ ジョウケン : ハッタツ シンリガク カラ カンガエル
書名別名 発達心理学から考える

Otona ga sodatsu joken
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1436
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.7
ページ数 218,10p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431436-3
NCID BB12993747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22287433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想