継体天皇と朝鮮半島の謎

水谷千秋 著

遠い血縁、地方出身にもかかわらず天皇の座に就いたのはなぜか?味方をしたのは誰か?緊迫する朝鮮半島との関係にどう対処したのか?古墳、石棺、冠など考古学上の新しい成果を取り入れ、文献考察と突き合わせて、「謎の大王」の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新たな謎の始まり
  • 第2章 近江国高島郡と継体天皇
  • 第3章 継体天皇のルーツを探る
  • 第4章 冠と大刀
  • 第5章 継体天皇と渡来人
  • 第6章 有明海沿岸勢力と大和政権
  • 第7章 百済文化と継体天皇
  • 終章 継体天皇とは誰か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 継体天皇と朝鮮半島の謎
著作者等 水谷 千秋
書名ヨミ ケイタイ テンノウ ト チョウセン ハントウ ノ ナゾ
書名別名 Keitai tenno to chosen hanto no nazo
シリーズ名 文春新書 925
出版元 文藝春秋
刊行年月 2013.7
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660925-3
NCID BB12983368
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22280320
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想