知っておきたいネット選挙運動のすべて

情報ネットワーク法学会 編

候補者からのメールを転送しただけで禁錮2年以下または50万円以下の罰金!!解禁されたネット選挙運動について、イラストや図表を使ってわかりやすく解説。削除要請を受けたプロバイダの対応までもフォロー。選挙関係者、ネット関係者から一般の有権者まで、必読の1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ネット選挙運動解禁の経緯と概要(ネット選挙運動の解禁
  • 従来の公選法における選挙運動の規制
  • 解禁に至る経緯
  • 解禁の内容
  • 今後に残された課題)
  • 第2章 公職選挙法改正の内容(「選挙運動」とは
  • これまで禁じられていたこと
  • 選挙公報のインターネット上での公開
  • 公職選挙法改正の概要)
  • 第3章 プロバイダの対応(「公職の候補者等に係る特例」の概要
  • 「公職の候補者等に係る特例」に関する対応手引きができるまで
  • 本手引きのポイント
  • 本手引きに書かれていないこと
  • 本手引きの対応手順
  • 送信防止措置の実施に際しての注意事項)
  • 第4章 韓国におけるネット選挙運動の現状と誹謗中傷の取締基準(韓国のネット選挙運動の状況と影響力
  • 韓国のネット選挙制度の変化
  • ネット選挙運動の取締組織
  • ネット選挙運動の取締基準
  • んっと選挙運動の取締りをめぐる争点)
  • 第5章 ソーシャルメディア時代におけるメディアの責任と役割(ネット選挙に巻き込まれる私たち
  • ソーシャルメディアの特徴
  • ミドルメディアでニュースが可視化される
  • ケースで考えるネット選挙解禁後
  • 難しい被害回復
  • 失われる規範の共有
  • ネット事業者の自覚と責任
  • 新たな政治の言論空間を作るのは私たち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知っておきたいネット選挙運動のすべて
著作者等 情報ネットワーク法学会
書名ヨミ シッテ オキタイ ネット センキョ ウンドウ ノ スベテ
書名別名 Shitte okitai netto senkyo undo no subete
出版元 商事法務
刊行年月 2013.7
ページ数 224p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7857-2102-2
NCID BB12978415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22283194
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想