近代中国史

岡本隆司 著

中国とは何か。その原理を理解するための鍵は、近代史に隠されている。この時代に、「幇」とよばれる中国団体をはじめ、貨幣システム・財政制度・市場秩序など、中国固有の構造がつくられたからだ。本書は経済史の視座から一六世紀以降の中国を俯瞰し、その見取り図を明快に描く。かつて世界に先んじた中華帝国は、なぜ近代化に遅れたのか。現代中国の矛盾はどこに由来するのか。グローバル経済の奔流が渦巻きはじめた時代から、激動の歴史を構造的にとらえなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-中国経済と近代中国史
  • 1 ステージ-環境と経済
  • 2 アクター-社会の編成
  • 3 パファーマンス-明清時代と伝統経済
  • 4 モダニゼーション-国民経済へ向かって
  • エピローグ-中国革命とは何だったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代中国史
著作者等 岡本 隆司
書名ヨミ キンダイ チュウゴクシ
書名別名 Kindai chugokushi
シリーズ名 ちくま新書 1019
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.7
ページ数 273,10p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06724-1
NCID BB12947579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22307410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想