日本兵を殺した父 : ピュリツァー賞作家が見た沖縄戦と元兵士たち

デール・マハリッジ 著 ; 藤井留美 訳

自分は沖縄戦に加わり、日本兵を殺したと告白し、死んでいった父。あとに残されたのは謎の写真と日本人のパスポート。ピュリツァー賞作家は、父の真実を知るために帰還兵たちを訪ね、沖縄へ飛び、戦争の凄惨な実像に迫っていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 父の戦後(一九六五年、冬の夜
  • スタークウェザー ほか)
  • 第2部 場所と歴史-グアムと沖縄(グアム
  • 沖縄)
  • 第3部 一二名の海兵隊員(海兵隊員、死にやがれ!-レパント
  • 死からの帰還-グラーナート ほか)
  • 第4部 亡霊の島-沖縄を訪ねて(礼節の国
  • 墓 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本兵を殺した父 : ピュリツァー賞作家が見た沖縄戦と元兵士たち
著作者等 Maharidge, Dale
藤井 留美
マハリッジ デール
書名ヨミ ニホンヘイ オ コロシタ チチ : ピュリツァーショウ サッカ ガ ミタ オキナワセン ト モトヘイシタチ
書名別名 BRINGING MULLIGAN HOME
出版元 原書房
刊行年月 2013.7
ページ数 373p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-562-04925-7
NCID BB1292860X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22270197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想