戦後大阪のアヴァンギャルド芸術

橋爪節也, 加藤瑞穂 編著

[目次]

  • 図版(大阪のアヴァンギャルド諸相
  • 中之島からの発信-グタイピナコテカ1962‐1970
  • 都市へのまなざし、都市からのまなざし)
  • 論考(広告デザインと前衛芸術、その大阪での融合
  • 大阪における前衛音楽
  • 街に埋もれる大阪の表現力
  • グタイは今も活きている
  • グタイピナコテカ-吉原治良の「傑作」としての具体美術館その意義と課題)
  • グタイピナコテカ資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後大阪のアヴァンギャルド芸術
著作者等 加藤 瑞穂
橋爪 節也
書名ヨミ センゴ オオサカ ノ アヴァンギャルド ゲイジュツ : ヤケアト カラ バンパク ゼンヤ マデ
書名別名 焼け跡から万博前夜まで

Sengo osaka no avangyarudo geijutsu
シリーズ名 大阪大学総合学術博物館叢書 9
出版元 大阪大学出版会
刊行年月 2013.7
ページ数 96p
大きさ 30cm
ISBN 978-4-87259-219-1
NCID BB12928224
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22284066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想