〈共生〉の哲学 : リスクによる排除と安心の罠を超えて

表弘一郎 著

[目次]

  • 第1章 承認をめぐる闘争としての"共生"("共生"の限界状況
  • 存在を否認されること-ホネットの承認論 ほか)
  • 第2章 "共生"の新しい可能性条件(脱統合を前提として
  • リスク社会と再帰的近代化 ほか)
  • 第3章 包摂と"共生"は可能か(社会的包接へ向けて
  • 社会的結束の回復は可能か-「共生社会」の意味 ほか)
  • 第4章 存在論的不安と安心のパラドクス(存在論的不安を乗り越えて-キルケゴールからギデンズへ
  • 「居場所」と安心 ほか)
  • 第5章 居場所と哲学すること(居場所の哲学、驚きの哲学-ルカーチ、ハイデガー、九鬼周造
  • "人間"と権力-フーコーの「生権力」と「統治性」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈共生〉の哲学 : リスクによる排除と安心の罠を超えて
著作者等 表 弘一郎
書名ヨミ 〈 キョウセイ 〉 ノ テツガク : リスク ニ ヨル ハイジョ ト アンシン ノ ワナ オ コエテ
出版元 耕文社
刊行年月 2013.4
ページ数 117p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86377-028-7
NCID BB12918220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22272350
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想