電子回路の基本66

石井聡 著

66テーマのLessonを、アナログ回路、ディジタル回路、応用技術の三つの分野に大きく分け、電子回路技術に関して必要な多くのものを盛り込んだ。アナログ回路のLessonでは、必須な素子であるOPアンプについて具体的に詳解し、ディジタル回路のLessonでは、記載された基本さえ分かれば、どんな高度かつ大規模な回路も実現できる基礎力を養えるように構成してある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 正弦波交流の周波数と位相と回路特性の評価
  • 正極性と負極性の半導体物質からpn接合が作られ、これが半導体素子の基本
  • 信号を一方通行にするダイオードの種類と電圧・電流特性(使用方法)
  • 電圧、電流および電力の増幅作用/動作をしっかり理解しておく
  • トランジスタの概要と種類
  • トランジスタ回路を活用するには簡易的な等価回路が分かっていれば十分
  • 一番良く使われる基本増幅回路「エミッタ接地回路」:コレクタ接地回路/エミッタ・フォロワは電流を増大できる
  • ベース接地回路はちょっと高度な周波数特性が良いプロ向け回路
  • トランジスタをスイッチとして利用する〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電子回路の基本66
著作者等 石井 聡
書名ヨミ デンシ カイロ ノ キホン ロクジュウロク
シリーズ名 6日でマスター!
出版元 オーム社
刊行年月 2013.6
ページ数 272p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-274-21393-9
NCID BB12914897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22269826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想