パラサイト : 寄生虫の自然史と社会史

ローズマリー・ドリスデル 著 ; 神山恒夫, 永山淳子 訳

寄生虫は有史以前から人類とともにあった。それは単に寄生するものと宿主の関係という単純なものではなく、寄生虫の生活環には第三の中間宿主が存在することも多く、それを含めた生態系には環境変化や進化の問題までが関わる。また、犯罪の証拠にもなり、人間の精神活動にもさまざまな影響を与えている。人間に最も忌み嫌われる客人の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 見えない敵-歴史に現われる寄生虫
  • 第2章 危険な市場-食と寄生虫
  • 第3章 飲料水への警告-水と寄生虫
  • 第4章 不法入国者-人の移動と寄生虫
  • 第5章 宿主を支配する寄生虫-SFのような寄生虫の振る舞い
  • 第6章 鏡の家の中-寄生虫のさまざまな側面
  • 第7章 犯罪をあばく寄生虫-意図しない証拠の保全
  • 第8章 新興寄生虫症-予期せぬ出現
  • 第9章 寄生虫の絶滅-寄生虫と人の相互作用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パラサイト : 寄生虫の自然史と社会史
著作者等 Drisdelle, Rosemary
永山 淳子
神山 恒夫
ドリスデル ローズマリー
書名ヨミ パラサイト : キセイチュウ ノ シゼンシ ト シャカイシ
書名別名 Parasites

Parasaito
出版元 地人書館
刊行年月 2013.7
ページ数 373p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8052-0861-8
NCID BB12870860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22271887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想