科学者の発表倫理 : 不正のない論文発表を考える

山崎茂明 著

[目次]

  • 第1部 情報爆発への警告-論文における倫理とは?(不正行為から発表倫理へ
  • 生物医学雑誌への統一投稿規程の誕生
  • 必要な重複発表)
  • 第2部 論文の真の執筆者は誰か-責任は誰に?(イグ・ノーベル賞に見るオーサーシップ
  • ゴースト・オーサーシップの実態
  • コレスポンディング・オーサーの役割
  • オーサーシップのグローバル化)
  • 第3部 公正さを欠く論文評価-論文の審査と発表における公正さを維持するためには?(レフェリー・システムの限界
  • ネガティブな研究結果は好まれない)
  • 第4部 扱い基準のない撤回論文-実例で見る不正行為のボーダーラインは?(撤回声明から懸念表明へ
  • 日本の論文検索サイト医中誌Webから見た撤回
  • 米国の論文検索サイトPubMedから見た日本の撤回)
  • 第5部 生き残るために-公正な研究・論文に必要なこととは?(利益相反(COI)と産学連携
  • インパクトファクターから読む学術雑誌出版
  • 研究厚生局(ORI)の役割)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学者の発表倫理 : 不正のない論文発表を考える
著作者等 山崎 茂明
書名ヨミ カガクシャ ノ ハッピョウ リンリ : フセイ ノ ナイ ロンブン ハッピョウ オ カンガエル
出版元 丸善
刊行年月 2013.6
ページ数 152p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-08654-4
NCID BB12861236
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22270682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想