コーランの中のキリスト教 : その足跡を追って

J.グニルカ 著 ; 矢内義顕 訳

ムハンマドと接点を持ち、コーランの中に出てくるキリスト教徒とは誰か?また、コーランにはどのような聖書的諸伝承が見出されるのか?コーランのイエス像はどのように形成されていったのか?新約聖書学における碩学が、歴史のかなたに忘却されたユダヤ人キリスト教徒の起源と足跡を追いながら、ユダヤ教・キリスト教・イスラームの歴史的接点を探る画期的な試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コーランの中のキリスト教徒
  • 第2章 ナザレ人‐ナゾライ人‐キリスト者
  • 第3章 ヘレニストとヘブライ人
  • 第4章 エルサレムのナゾライ人-ユダヤ‐ローマ戦争勃発まで
  • 第5章 ユダヤ‐ローマ戦争およびそれ以降
  • 第6章 いかなる新約聖書的な伝承がコーランに見いだされるか
  • 第7章 コーランのイエス像
  • 第8章 旧約聖書的‐ユダヤ教的な根
  • 結語 エルサレム岩のドームの碑文

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コーランの中のキリスト教 : その足跡を追って
著作者等 Gnilka, Joachim
矢内 義顕
グニルカ J.
書名ヨミ コーラン ノ ナカ ノ キリストキョウ : ソノ ソクセキ オ オッテ
書名別名 Die Nazarener und der Koran
出版元 教文館
刊行年月 2013.5
ページ数 200,16p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7642-6699-5
NCID BB12857669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22271603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想