改革期の刑事法理論 : 福井厚先生古稀祝賀論文集

浅田和茂, 葛野尋之, 後藤昭, 高田昭正, 中川孝博 編集委員

[目次]

  • 第1部 未決拘禁制度改革の理論(逮捕前置主義の意義とその展開
  • フランスの警察留置法制の現在
  • 勾留の相当性・序説 ほか)
  • 第2部 刑事訴訟法・警察法(訴因変更の要否に関する平成十三年判例への疑問
  • 裁判員裁判が適正であるために必要な水準
  • 伝聞概念の一素描 ほか)
  • 第3部 刑法・刑事政策(不真正不作為犯の未遂
  • 政治資金規正法における規範的構成要件要素の認識について
  • 主観的事実の立証と実体刑法の改正 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 改革期の刑事法理論 : 福井厚先生古稀祝賀論文集
著作者等 中川 孝博
後藤 昭
浅田 和茂
葛野 尋之
高田 昭正
書名ヨミ カイカクキ ノ ケイジホウ リロン : フクイ アツシ センセイ コキ シュクガ ロンブンシュウ
書名別名 Kaikakuki no keijiho riron
出版元 法律文化社
刊行年月 2013.6
ページ数 557p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-589-03523-3
NCID BB12750530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22268836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想