農村型事業とアメリカ資本主義の胎動

橋川健竜 著

[目次]

  • 序章 都市近郊の農村と地域経済の発展
  • 第1章 小麦粉-リチャード・ウォルンの製粉事業に見る区域間連結、1780年代
  • 第2章 森林(その1)-サミュエル・ライトの薪事業にみる農村型事業の輪郭、1810年代
  • 第3章 森林(その2)と地下資源(その1)-農村型事業と区域間連結、1820〜30年代
  • 第4章 地下資源(その2)-区域間連結の稠密化と農村型事業の限界、1830〜40年代
  • 終章 共和国初期における農村型事業の位置

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農村型事業とアメリカ資本主義の胎動
著作者等 橋川 健竜
書名ヨミ ノウソンガタ ジギョウ ト アメリカ シホン シュギ ノ タイドウ : キョウワコク ショキ ノ ケイザイ ネットワーク ト トシ キンコウ
書名別名 共和国初期の経済ネットワークと都市近郊
シリーズ名 アメリカ太平洋研究叢書
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2013.5
ページ数 202p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-026145-6
NCID BB12748754
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22298895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想