ドゥルーズの哲学原理

國分功一郎 著

今日に至るまで絶大な影響を及ぼし、議論を引き起こし続けている哲学者ジル・ドゥルーズ(一九二五‐九五年)。ヒュームやベルクソンなどを対象とする哲学史研究から出発したドゥルーズは、やがてフェリックス・ガタリと「二人で書く」企てに挑戦し、晩年には映画論や芸術論に取り組んだ。その多彩な相貌を貫くものは何か-気鋭の研究者が二〇世紀最大の哲学者の方法と対象を精緻に分析し、その核心と実践的意義に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自由間接話法的ヴィジョン-方法(自由間接話法
  • 哲学研究の課題 ほか)
  • 第2章 超越論的経験論-原理(超越論哲学と経験論哲学
  • 無人島 ほか)
  • 第3章 思考と主体性-実践(思考の強制
  • 思考の習得と方法 ほか)
  • 第4章 構造から機械へ-転回(ガタリとの出会い
  • 構造と機械 ほか)
  • 第5章 欲望と権力-政治(ミシェル・フーコーの歴史研究
  • 『監獄の誕生』における二つの編成 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドゥルーズの哲学原理
著作者等 國分 功一郎
書名ヨミ ドゥルーズ ノ テツガク ゲンリ
シリーズ名 岩波現代全書 001
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.6
ページ数 273p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029101-9
NCID BB1274811X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22276758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想