東海道五十三次「食」ウォーキング : 健脚を支える健康食のヒミツ

幕内秀夫 著

500キロ歩き通して考えた、日本人の食と健康!今に残る伝統食、失われた食文化…「食」をテーマに旅するとまったく新しい日本が見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東海道五十三次、500キロ徒歩旅行
  • 第1章 のり・蕎麦・蒲鉾食べて天下の険-東京・日本橋〜三島
  • 第2章 「食」の終点は茶-三島〜袋井
  • 第3章 米味噌文化圏から豆味噌文化圏へ-袋井〜宮
  • 第4章 20泊21日、歩いて食べて三条大橋-宮〜京都・三条大橋
  • 終章 旅と食生活

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東海道五十三次「食」ウォーキング : 健脚を支える健康食のヒミツ
著作者等 幕内 秀夫
書名ヨミ トウカイドウ ゴジュウサンツギ ショク ウォーキング : ケンキャク オ ササエル ケンコウショク ノ ヒミツ
書名別名 Tokaido gojusantsugi shoku uokingu
シリーズ名 講談社+α新書 134-6B
出版元 講談社
刊行年月 2013.5
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-272799-0
NCID BB12737747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22256359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想