この国はなぜ被害者を守らないのか : 子ども被災と薬害エイズ

川田龍平 著

日本中が団結し、政府を動かした薬害エイズ裁判からもうすぐ20年。当時、初めて実名を公表し、原告として闘った川田氏は、社会を変えるには政治しかない、と国政の場に立った。しかし東日本大震災後に彼がみたのは、あのときから何も変わらぬこの国の姿だった-。放射能の被害から子どもを救うため、必死の思いで成立させた「子ども・被災者支援法」に、なぜ国は1円も予算をつけないのか。そこには、利益のためにいのちがやすやすと切り捨てられるカラクリがある。「時代は変わるのではなく、変える」。日本の未来を担う「子ども」を守り抜くために、いますぐ私たちができること。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 薬害、公害、原発事故。すべては同じ根っこから(いのちより利益優先の仕組み
  • 高木博士の危惧が現実に ほか)
  • 第2章 立法の場に挑む(原点は薬害エイズ
  • 薬害エイズ裁判の原告に ほか)
  • 第3章 いのちを守れ!(放射能の被害からいのちを守る
  • 原発以外にも回転ドアはそこら中に ほか)
  • 第4章 いのちを守る法律はこうしてつくられた(児玉教授の告発-国会は何をやっているのですか?
  • 党派を超えて取り組んだ「子ども・被災者支援法」 ほか)
  • 第5章 政治家の動かし方(政治に失望する前に
  • どうしたら声は届くのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この国はなぜ被害者を守らないのか : 子ども被災と薬害エイズ
著作者等 川田 竜平
書名ヨミ コノ クニ ワ ナゼ ヒガイシャ オ マモラナイ ノカ : コドモ ヒサイ ト ヤクガイ エイズ
シリーズ名 子ども・被災者支援法 872
PHP新書 872
出版元 PHP研究所
刊行年月 2013.6
ページ数 171p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-81321-9
NCID BB12737204
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22270647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想