対人関係の言語学

福田一雄 著

沈黙するか、そっと伝えるか、ずばり言うか、それとも意図を明示し、かつ聞き手に配慮して話すのか。言語の対人関係的機能をBrown and Levinsonのポライトネス理論から考察。ポライトネスは、敬語や「丁寧さ」とどう違うのか。理論言語学的議論に加えて、著者の私的視点も思い切って導入。楽しく読める語用論の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語使用とコンテクスト(言語と対人関係性
  • 文の意味と話者の意味
  • コンテクストとはなにか
  • 生きた言語とコンテクスト)
  • 第2章 丁寧さとポライトネス(「わきまえ」と「かしこまり」-日本的丁寧さ
  • Brown and Levinson(1987)のポライトネス理論
  • 2種類のフェイス
  • フェイス侵害行為(FTA)とその補償
  • 2種類のポライトネス
  • FTAの程度と会話方略の選択)
  • 第3章 消極的ポライトネス-対人的距離化(ポライトネス方略
  • 敬語とポライトネス
  • 2種類のフェイスのどちらのフェイスの侵害なのか
  • 沈黙とオフレコードの意味機能
  • 日英語の消極的ポライトネス-いくつかの実例から)
  • 第4章 積極的ポライトネス-対人的距離の縮減(相手との距離縮減のポライトネス
  • 「タメ口」の意味機能
  • ポライトネス意図と反ポライトネス意図
  • 大学生と積極的ポライトネス
  • 日英語のポライトネス-いくつかの実例から)
  • 第5章 現代日本語の中のポライトネス現象(丁寧化する日本語
  • 「優しさ」とポライトネス
  • 「怒ること」とポライトネス
  • より豊かな日本語ポライトネスへ向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対人関係の言語学
著作者等 福田 一雄
書名ヨミ タイジン カンケイ ノ ゲンゴガク : ポライトネス カラ ノ ナガメ
書名別名 ポライトネスからの眺め
シリーズ名 開拓社言語・文化選書 38
出版元 開拓社
刊行年月 2013.6
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7589-2538-9
NCID BB12734272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22269782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想