系統地理学 : DNAで解き明かす生きものの自然史

種生物学会 編 ; 池田啓, 小泉逸郎 責任編集

多岐にわたり展開する系統地理学の研究を幅広く紹介。2010年12月に開催された第42回種生物学会シンポジウム「系統地理は何をする」の講演内容を中心に構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 系統地理学の歴史とこれからの展望
  • 第1部 分布変遷の歴史(ニホンザリガニのDNAに刻まれた北日本の地史-歴史遺産としての遺伝的多様性
  • 温帯性草本バイケイソウの分布変遷を分子マーカーで探る
  • 海を渡る植物の航海記-汎熱帯海流散布植物の分子系統地理
  • 日華植物区系におけるハリギリの生物地理
  • 琉球列島の渓流環境に適応した固有植物の起源を探る)
  • 第2部 分布変遷から進化研究へ(系統地理から適応進化に迫る-植物の光受容体フィトクロムにおける自然選択の痕跡
  • 日本列島でみられる哺乳類の毛色多型と系統地理学から見えるその遺伝的背景)
  • 第3部 解析手法(ゲノム時代の集団解析-ヒト研究を例に
  • 系統地理学における統計的推定の手法と今後の展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 系統地理学 : DNAで解き明かす生きものの自然史
著作者等 小泉 逸郎
池田 啓
種生物学会
書名ヨミ ケイトウ チリガク : ディーエヌエー デ トキアカス イキモノ ノ シゼンシ
シリーズ名 種生物学研究 第36号
出版元 文一総合
刊行年月 2013.7
ページ数 309p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8299-6203-9
NCID BB12729793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22263613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想