ワーズワスとコールリッジ = Wordsworth and Coleridge : 詩的対話十年の足跡

山田豊 著

[目次]

  • 二人の出会いと友情の始まり-1795年夏から1797年春
  • 詩的対話の幕開け-『イチイの木陰の椅子』対『この菩提樹の木陰わが牢獄』
  • 『隠士』構想の幕開け-『行商人』対『真夜中の霜』
  • 『隠士』から『リリカル・バラッズ』へ-『老水夫』対『白痴の少年』
  • 理想郷「緑の静かな谷間」-『孤独の不安』(『隠士』の原点)
  • 『ティンタン僧院』-自伝詩『序曲』の先駆け
  • 『序曲』第1部の創造背景-ゴスラーでの4ヶ月半
  • 『序曲』全2部の創造過程-コールリッジの要請に応えて
  • 『グラスミアの我が家』-『孤独の不安』に対応して
  • 『リリカル・バラッズ』第2版出版に至る過程-『クリスタベル』の挫折と『マイケル』創造の意味〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワーズワスとコールリッジ = Wordsworth and Coleridge : 詩的対話十年の足跡
著作者等 山田 豊
書名ヨミ ワーズワス ト コールリッジ : シテキ タイワ ジュウネン ノ ソクセキ
書名別名 Wordsworth and Coleridge
出版元 音羽書房鶴見書店
刊行年月 2013.6
ページ数 597p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7553-0272-5
NCID BB12728655
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22258957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想