官僚ピープス氏の生活と意見

岡照雄 著

王政復古にペストやロンドン大火、オランダとの海戦そして賄賂と抑制のきかない女性関係-17世紀英国の転換期を自在に生きた能吏の言行を描くナラティヴ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『日記』のはじまり
  • 2 オランダへの航海とチャールズの帰国
  • 3 海軍書記官就任とその仕事
  • 4 宗教・宗派と政治問題
  • 5 実務学習とオランダびいき
  • 6 英蘭海戦と敗戦処理
  • 7 チャタムの敗戦と責任追及
  • 8 各種委員会への対応と海軍改革
  • 9 一六六八年三月五日の議会の質疑応答

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 官僚ピープス氏の生活と意見
著作者等 岡 照雄
書名ヨミ カンリョウ ピープス シ ノ セイカツ ト イケン
書名別名 Kanryo pipusu shi no seikatsu to iken
出版元 みすず書房
刊行年月 2013.6
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07774-9
NCID BB12727357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22261631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想