ヒステリー研究〈初版〉

ブロイアー, フロイト [著] ; 金関猛 訳

「無意識の科学」としての精神分析学誕生。ヒステリーをめぐる偉大なる二人の科学者の模索、試行錯誤、葛藤、論議の到達点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヒステリー現象の心的メカニズムについて
  • 第2章 病歴(アンナ・O嬢
  • エミー・フォン・N夫人
  • ミス・ルーシー・R
  • カタリーナ
  • エリーザベト・フォン・R嬢)
  • 第3章 理論的考察
  • 第4章 ヒステリーの精神療法について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒステリー研究〈初版〉
著作者等 Breuer, Josef
Freud, Sigmund
金関 猛
フロイト ジークムント
ブロイアー ヨーゼフ
書名ヨミ ヒステリー ケンキュウ ショハン
シリーズ名 中公クラシックス W72
出版元 中央公論新社
刊行年月 2013.6
ページ数 535p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-160139-1
NCID BB1271081X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22287355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想