名将言行録 : 現代語訳

岡谷繁実 原著 ; 北小路健, 中澤惠子 訳

幕末の館林藩士・岡谷繁実が、十六年もの歳月をかけて完成させた武将たちの逸話集『名将言行録』。千二百をこえる厖大な諸書を渉猟して編纂されたその内容は、戦国時代の武将から江戸時代中期の大名まで、数多の武士たちの言行を詳細に描き、彼らの人物像と叡知を活写する。本書は同書から戦国期の武将二十二人を選び、平易な文章で完全現代語訳する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 北条長氏(早雲)
  • 太田資長(道潅)
  • 山中幸盛(鹿之助)
  • 毛利元就
  • 武田晴信(信玄)
  • 上杉輝虎(謙信)
  • 直江兼続
  • 織田信長
  • 柴田勝家
  • 池田輝政
  • 蒲生氏郷
  • 島津義久
  • 伊達政宗
  • 戸次鑑連
  • 高橋鎮種
  • 立花宗茂
  • 豊臣秀吉
  • 黒田孝高(如水)
  • 福島正則
  • 加藤清正
  • 真田幸村
  • 徳川家康

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名将言行録 : 現代語訳
著作者等 中沢 恵子
北小路 健
岡谷 繁実
中澤 惠子
書名ヨミ メイショウ ゲンコウロク : ゲンダイゴヤク
シリーズ名 講談社学術文庫 2177
出版元 講談社
刊行年月 2013.6
ページ数 724p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292177-0
NCID BB12704613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22263948
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想