東アジア分断国家 : 中台・南北朝鮮の共生は可能か

今村弘子 編

東アジアの冷戦構造の残滓、分断された国家、中国と台湾、そして南北朝鮮…。その歴史的経緯と現在進行中の諸条件を、国際関係、経済、環境等、それぞれの専門領域から検証…。超大国化する中国、挑発する北朝鮮、そしてそのカウンターパートそれぞれの今後の行動、その関連性を展望し、域内の共生可能性を模索するための諸条件を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「共生」概念の検討-現代東アジア研究への視座
  • 第2章 中国と台湾の「共生」は可能か?-シナリオ・プランニングによる中台の将来像分析
  • 第3章 中台関係の安定装置としての経済交流
  • 第4章 関与(engagement)からみる韓国の対北朝鮮・統一政策の展開
  • 第5章 金正恩体制の構築過程-2008年〜2012年
  • 第6章 朝鮮半島における「共生」と南北経済関係
  • 第7章 執筆者座談会・東アジア分断国家における共生とは-未来展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア分断国家 : 中台・南北朝鮮の共生は可能か
著作者等 今村 弘子
書名ヨミ ヒガシアジア ブンダン コッカ : チュウタイ ナンボク チョウセン ノ キョウセイ ワ カノウ カ
書名別名 Higashiajia bundan kokka
出版元 原書房
刊行年月 2013.5
ページ数 235p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-562-04922-6
NCID BB1268382X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22257876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想