言語表現学叢書  第1巻 (言語表現学の基礎と応用)

表現学会 編

この本の情報

書名 言語表現学叢書
著作者等 表現学会
書名ヨミ ゲンゴ ヒョウゲンガク ソウショ
巻冊次 第1巻 (言語表現学の基礎と応用)
出版元 清文堂
刊行年月 2013.6
ページ数 447p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7924-1425-2
NCID BB1267491X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22271776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
e-textにおける句読点に関する一考察 内山和也
「言語空間」と省略法 河村清一郎
あらすじ構成力の学年発達 石黒由香里
ディノテーションとコノテーション 三宅雅明
一人称小説における自由直接話法と自由間接話法 顧那
三人称の聞き手 栗原裕
主観性から見た物語文の時制転換 友次克子
主題の概念について 中島一裕
児童の日記に見られる述べ方について. 1 N.W.児の1年生時の日記に見られる冒頭部分の表現に注視して 岡利道
内言に示される意味と枠組 河原修一
南吉童話の類義語考 松川利広
口承文芸の表現研究 田中瑩一
品詞の使用による表現の観察 樺島忠夫
国語の文の展開と情報生成 小松光三
場面依存と文法形式 糸井通浩
専門的内容における口頭発表のメタ言語表現 古別府ひづる
広告キャッチフレーズと日英語表現の比較 稗島一郎
推敲論 丸山一彦
文字テロップと推論モデル 塩田英子
文学的文章の読みにおける推測と検証 野浪正隆
文章における文脈のなりたち 土部弘
日・英翻訳文の表現学的考察 畠中康男
日本語のむずかしさ 玉村文郎
歴史的現在の表現上の問題をめぐって 小野迪雄
深さの表現機構 篠原実
目の言葉・耳の言葉 外山滋比古
私の新・言語過程説 竹岡正夫
空間を駆ける主語 石黒昭博
色彩表現の特性と役割 吉村耕治
英語における主語選択階層 金志佳代子
英語における文の冒頭表現と情報構造 橋本喜代太
英語の定表現に関する一考察 吉藤京子
英語名詞表現における結合価 北林利治
表現における修辞意識 山口正
表現における構造 早川勝広
表現における芸の成立の機構 今井文男
表現の深さについて 戸川晴之
表現の視点 両角克夫
表現学と英語教育 山内信幸
表現学の方法 松永信一
表現学への提言 西尾光雄
表現開発の授業をいかにすべきか 江連隆
言語の媒介性について 湊吉正
言語行動と社会構造 本名信行
詩の文学性 植山俊宏
詩の構造における視点 森米二
認識の基盤としての型 寿岳章子
説明文テクストの顕在的構造と潜在的構造 難波博孝
論理的段落と修辞的段落 塚原鉄雄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想