橋朧-ふくしま記 : 永瀬十悟句集

永瀬十悟 著

本句集は故郷福島を詠んだものです。東日本大震災、そして東京電力福島第一原子力発電所の爆発からまもなく二年が経過しようとしています。鎮魂とふるさと再生への祈りを込めてまとめました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章(ふくしま-二〇一一年春)
  • 第2章(少年の日-二〇一一年夏
  • 海に行かう-二〇一一年秋
  • 松明あかし-二〇一一年冬
  • 木を描く-二〇一二年春
  • 杳かな時間-二〇一二年夏
  • 銀河濃し-二〇一二年秋
  • 白鳥来たり-二〇一二年冬)
  • 第3章(春
  • 冬)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 橋朧-ふくしま記 : 永瀬十悟句集
著作者等 永瀬 十悟
書名ヨミ ハシオボロ フクシマキ : ナガセ トウゴ クシュウ
書名別名 Hashioboro fukushimaki
出版元 コールサック社
刊行年月 2013.3
ページ数 271p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-86435-100-3
NCID BB12648658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22206548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想