悪党と海賊 : 日本中世の社会と政治

網野 善彦【著】

社会秩序を揺るがす欲望とエネルギー。鎌倉後期から南北朝動乱期にかけて、山野河海を舞台に活動した悪党・海賊と呼ばれる人々の存在形態を明らかにし、中世社会に定位する。歴史学の批判・検討、精力的な実証研究を通じて日本史像の転換を促し続けてきた網野史学の原点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いわゆる「南北朝動乱」の評価をめぐって
  • 第1部 鎌倉後期の社会と政治(「関東公方御教書」について
  • 文永以後新関停止令について
  • 豊後国六郷山に関する新史料)
  • 第2部 鎌倉末・南北朝期の社会と政治(鎌倉末期の諸矛盾
  • 悪党の系譜-『太平記』を中心に
  • 楠木正成に関する一、二の問題
  • 鎌倉幕府の海賊禁圧について-鎌倉末期の海上警固を中心に
  • 造酒司酒麹役の成立-室町幕府酒屋役の前提
  • 元亨の神人公事停止令について-後醍醐親政初期の政策をめぐって
  • 倉栖氏と兼好-林瑞栄『兼好発掘』によせて)
  • 悪党と海賊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪党と海賊 : 日本中世の社会と政治
著作者等 網野 善彦
書名ヨミ アクトウトカイゾク : ニホンチュウセイノシャカイトセイジ
シリーズ名 叢書・歴史学研究
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2013.5.16
版表示 新装版
ページ数 379,32p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-588-25060-6
NCID BB12644737
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想