COSMOS  下

カール・セーガン 著 ; 木村繁 訳

1972年、木星探査機パイオニア10号の打ち上げに際し、著者のカール・セーガン博士は「宇宙人」にあてて一通の「手紙」を積み込んだ。限りなく広がる宇宙、暗黒の空間のなか、知的生物の住む惑星に流れ着く可能性はほとんどゼロ。しかし博士は「人類よりもはるかに進んだ文明人が宇宙のどこかにいて、パイオニアを発見し、拾いあげてくれる」。そんな期待を込めて、金属板に裸の男女を描いた「絵手紙」を搭載した。ボイジャー1号、2号には、地球のさまざまな音を録音したレコードを積み込むなど、人々の宇宙への夢と関心をかき立てた。下巻では、相対論、恒星や銀河の成り立ち、ブラックホールなどに触れながらビッグ・バン宇宙論について詳述。核戦争後の地球を描いたセーガン博士はすぐれた科学者であるとともに平和主義者でもあった。科学ジャーナリスト・内村直之氏の解説付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 7 天のかがり火
  • 8 時間と空間の旅
  • 9 星の生命
  • 10 永遠のはて
  • 11 未来への手紙
  • 12 宇宙人からの電報
  • 13 地球のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 COSMOS
著作者等 Sagan, Carl
木村 繁
セーガン カール
書名ヨミ コスモス
書名別名 COSMOS

Kosumosu
シリーズ名 朝日選書 904
巻冊次
出版元 朝日新聞
刊行年月 2013.6
ページ数 347,2p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-263004-9
NCID BB12641659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22264268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想