ナショナリズムの復権

先崎彰容 著

国家を考えることは、人間の根源的なあり方を考えることだ。第二次大戦後のリベラル・デモクラシー体制への違和を表明したアーレントや吉本隆明は「全体主義」の中に何を見て、いかなる国家を構想したのか。江藤淳や橋川文三、丸山眞男らは、ナショナリズムをめぐりいかなる思想的対決をくり広げたか。数々の名著から、ナショナリズムと無縁たりえぬ現代人の精神構造を明らかにし、国家の問題を自らの課題として引き受けることの重要性を提起する。注目の若手思想史家の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ナショナリズムへの誤解を解く
  • 第2章 私の存在は、「無」である-ハナ・アーレント『全体主義の起原』
  • 第3章 独裁者の登場-吉本隆明『共同幻想論』
  • 第4章 「家」を見守るということ-柳田国男『先祖の話』
  • 第5章 ナショナリズムは必要である-江藤淳『近代以前』
  • 第6章 戦後民主主義とは何か-丸山眞男『日本政治思想史研究』
  • 終章 戦後思想と死の不在-ナショナリズムの「復権」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナショナリズムの復権
著作者等 先崎 彰容
書名ヨミ ナショナリズム ノ フッケン
書名別名 Nashonarizumu no fukken
シリーズ名 ちくま新書 1017
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.6
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06722-7
NCID BB12626178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22280476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想