磯崎新建築論集 = ARATA ISOZAKI WRITING AS ARCHITECTURE  4

磯崎新 著

バブル期以降の、現実と情報の境界が曖昧化し建築論の言説的枠組が「転倒」した状況を批判的に捉え、造物主義論(デミウルゴモルフィスム)というオリジナルな仮説を提示。建築の始源とその危機について検証し、建築を建築たらしめるものとは何かを問う。「不全症候群」に陥った今日の建築に未来はあるのか。建築の変貌をモノとコトの生成という視点から根源的に捉える建築哲学的探究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 メタファーとしての建築(建築論的「転倒」
  • 建築の言説・言説の建築)
  • 2 アルケー-始源と反復(私にとってのアクロポリス
  • イセ-始源のもどき)
  • 3 クライシス-斜行と逸脱(ジョン・ソーン-建築と逸脱)
  • 4 デミウルゴスの行方(造物主義論由来
  • "建築"/建築(物)/アーキテクチュアまたは、あらためて「造物主義」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 磯崎新建築論集 = ARATA ISOZAKI WRITING AS ARCHITECTURE
著作者等 五十嵐 太郎
磯崎 新
書名ヨミ イソザキ アラタ ケンチクロンシュウ
書名別名 〈建築〉という基体 : デミウルゴモルフィスム

ARATA ISOZAKI WRITING AS ARCHITECTURE
巻冊次 4
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.5
ページ数 283p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-00-028604-6
NCID BB12621935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22262508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想