〈銀河鉄道の夜〉フィールド・ノート

寺門和夫 著

孤独な少年が自ら未来を切りひらき、成長してゆく物語。そこには賢治の生涯そのものが、そして当時の最先端科学知識が込められていた!科学の視点で、「銀河鉄道の夜」の謎を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 (『銀河鉄道の夜』とは
  • 銀河鉄道路線案内)
  • 第2章 (ケンタウル祭の夜はいつか?
  • 天気輪の柱とは何か?
  • 天気輪の柱はどこにあったか?
  • 空の三角標とは?
  • ジョバンニはどうやって銀河鉄道に乗ったのか?
  • ジョパンニたちはどの席に座っていたか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈銀河鉄道の夜〉フィールド・ノート
著作者等 寺門 和夫
書名ヨミ ギンガ テツドウ ノ ヨル フィールド ノート
書名別名 Ginga tetsudo no yoru firudo noto
シリーズ名 銀河鉄道の夜
出版元 青土社
刊行年月 2013.6
ページ数 137p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7917-6697-0
NCID BB12621662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22257773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想