日本の金融制度

鹿野嘉昭 著

世界同時不況後、国際標準に向かう日本の金融の姿を制度の機能、効果と歴史的経緯、最新の動向をふまえて詳説。学生・研究者から金融実務家まで事典的にも使えるロングセラーの金融書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 金融環境の変化と金融制度(新しい金融の流れと金融制度
  • 金融制度改革、日本版ビッグバンと日本の金融制度
  • 日本の決済システムと決済システム改革の動き
  • 日本における銀行監督・規制の再編
  • 資産価格バブルと不良債権問題
  • 日本の金融制度の特徴とその機能)
  • 第2部 金融市場(金融市場の機能と類型化
  • 短期金融市場
  • 証券市場
  • 外国為替市場
  • 新しい金融取引手法)
  • 第3部 金融組織(日本銀行
  • 銀行ビジネス
  • 証券ビジネス
  • 信託・資産運用ビジネス
  • 保険会社
  • ノンバンク
  • その他の金融機関
  • 公的金融機関
  • 金融税制)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の金融制度
著作者等 鹿野 嘉昭
書名ヨミ ニホン ノ キンユウ セイド
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2013.6
版表示 第3版.
ページ数 547p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-492-65456-9
NCID BB12613449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22261013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想