安倍政権で教育はどう変わるか

佐藤学, 勝野正章 著

教育を重要施策として位置づける安倍政権は、日本の教育をどう変えるのか。道徳教育の強化、学校週6日制の導入や6・3・3・4制の見直し、教師に対する管理強化、教師教育や教育委員会制度の改革など、その個々の政策の危険な本質について、教育学の専門家の立場から検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 虚妄と妄想による教育改革
  • 2 教育の危機を増幅させる改革-教育格差・教科書・教育制度・教師教育
  • 3 教育委員会制度改革の問題点
  • 4 教師に対する管理強化と教育の国家統制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安倍政権で教育はどう変わるか
著作者等 佐藤 学
勝野 正章
書名ヨミ アベ セイケン デ キョウイク ワ ドウ カワルカ
書名別名 Abe seiken de kyoiku wa do kawaruka
シリーズ名 岩波ブックレット No.874
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.6
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270874-4
NCID BB12600083
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22275003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想