芸能入門・考 : 芸に生きる

小沢昭一, 土方鉄 著

日本の芸能を創造し担ってきたのは、社会の最底辺にあって、生きる糧を得るために芸を演ずるほかなかった人びとであった。厳しい差別を受けながらも、その辛さを逆手にとって彼らがしたたかに生み出した芸は、民衆の生活に豊かな潤いを作り出してきた。猿楽能、大道芸、放浪芸など、生活と労働に結びついた芸能の原初の姿を追い求めて全国各地を歩き、テレビ登場後の芸能界の繁栄の裏で失われつつある芸能の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民衆の芸能をたずねて(大道芸人のメッカ、大津
  • 芸能の源を探る ほか)
  • 第2章 芸能の底流(その1-夢で見てさえよいとや申す
  • その2-飴色の四ッ竹も虫くいとなり ほか)
  • 第3章 差別と大衆文化-中世賎民文化の遺産をうけつぐもの(放浪芸の祖・乞食者
  • 太郎冠者からの視線 ほか)
  • 第4章 芸能と被差別(芸能者の営業原理を考えてみたい
  • ストリップのお姉さんは芸能の原点に立つ ほか)
  • 第5章 芸人バンザイ(芸能史をたどるための重し
  • 九州の役者村 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸能入門・考 : 芸に生きる
著作者等 土方 鉄
小沢 昭一
書名ヨミ ゲイノウ ニュウモン コウ
出版元 明石書店
刊行年月 1981.10
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-3801-9
NCID BB12585332
BN05235696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82033789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想