自衛隊と戦争 : 変わる日本の防衛組織

芦川淳 著

「自衛隊は戦闘になったら本当に戦えるのか?」-この短くも深い、疑問一文。核ミサイルで日米を恫喝する北朝鮮、尖閣諸島を虎視眈々と狙う中国…緊張高まる現在の日本周辺を見るとき、この疑問は切実なものとなる。自衛隊の歴史や組織の仕組み、部隊の位置づけ、そしてなにより自衛官という人々の姿-これらを専門書にありがちな難しい用語や武器の名前、性能などを羅列せずに、全体像を大きく見ていくことでわかりやすく疑問に答える。20年にわたる自衛隊の現場取材から見えてきた、自衛隊の強さ、問題点、課題も解説。憲法改正・国防軍化で揺れる日本の国防組織の、その背景にまで鋭く切り込んだ一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生まれいずる自衛隊の秘密(創設秘話-日本国憲法で軍備放棄させたGHQが日本を再軍備
  • 米ソ冷戦と自衛隊-米国を中心とした西側陣営の一員として ほか)
  • 第2章 自衛隊、その「人」「モノ」「金」(自衛隊の組織-2系統の組織に分かれている自衛隊
  • 自衛隊の予算-防衛省のツライお財布事情 ほか)
  • 第3章 自衛隊の組織を知り、戦い方を知る(自衛隊の部隊単位-陸・海・空自衛隊の戦闘部隊の組織を大きく俯瞰する
  • 現場の基準部隊-現場部隊を知れば自衛隊がわかる ほか)
  • 第4章 密着!自衛官という仕事、昇任、給料(自衛官の衣食住-士気を高め、錬度を高め、日々実戦に備える自衛官
  • 自衛官の職場と給与-「事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め」 ほか)
  • 第5章 自衛隊の強さと憲法、日米同盟、そして未来(世界のなかの自衛隊-激変する世界で自衛隊は戦えるのか?
  • 日米安保と日本-同盟のメリット・デメリット、問題点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自衛隊と戦争 : 変わる日本の防衛組織
著作者等 芦川 淳
書名ヨミ ジエイタイ ト センソウ : カワル ニホン ノ ボウエイ ソシキ
シリーズ名 宝島社新書 380
出版元 宝島社
刊行年月 2013.5
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8002-0788-3
NCID BB12583417
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22247875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想