図説地図とあらすじでわかる!伊勢参りと熊野詣で

茂木貞純 監修

なるほど、そんな繋がりがあったのか!-日本人が熱狂した二大巡礼の聖地をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 伊勢参りと熊野詣で(伊勢信仰と熊野信仰-伊勢神宮と熊野三山への信仰の成り立ち
  • 伊勢と熊野の祭事-一年を通して行なわれる様々な儀式)
  • 第1章 聖地・伊勢と霊場・熊野の誕生(花の窟-伊弉冉尊の陵で行なわれる「死者の国」の鎮魂儀礼
  • 出雲と伊勢と熊野-西方の「黄泉国」を介してつながる両地 ほか)
  • 第2章 伊勢参りと熊野詣での盛衰(熊野権現-垂迹思想のもとに結集した熊野の三社
  • 海の修験-妙法山で行なわれた永興禅師の過酷な捨身行 ほか)
  • 第3章 江戸庶民の伊勢参りと熊野詣で(江戸幕府の伊勢と熊野-二つの聖地を徳川家はいかに統治したか
  • 先達と御師-各地で信仰を広め参詣者を誘致するしくみ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説地図とあらすじでわかる!伊勢参りと熊野詣で
著作者等 茂木 貞純
書名ヨミ ズセツ チズ ト アラスジ デ ワカル イセマイリ ト クマノモウデ
書名別名 Zusetsu chizu to arasuji de wakaru isemairi to kumanomode
シリーズ名 青春新書INTELLIGENCE PI-396
出版元 青春出版社
刊行年月 2013.5
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04396-0
NCID BB12583155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22247868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想