経済学・入門 = Introduction to Economics

塩澤修平 著

きめ細かな図解や身近なたとえを用いたやさしい解説で、経済学的なものの見方を養います。戦後日本経済の成長、バブル、その後の不況を経てアベノミクスにいたるまでの歩み、ミクロ・マクロ経済学の理論の基礎、またNPOや環境問題などの課題も取り上げ、これからの日本が進むべき途を、平易に語ります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 経済学の課題と日本経済(経済の基本問題と経済学の課題
  • 日本経済の戦後の歩み ほか)
  • 第2部 ミクロ経済学(消費者行動の理論
  • 生産者行動の理論 ほか)
  • 第3部 マクロ経済学(国民所得の諸概念
  • 均衡所得の決定 ほか)
  • 第4部 新しい課題(NPOとフィランソロピー
  • 経済発展と地球環境 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学・入門 = Introduction to Economics
著作者等 塩沢 修平
書名ヨミ ケイザイガク ニュウモン
書名別名 Introduction to Economics

Keizaigaku nyumon
シリーズ名 Basic
有斐閣アルマ
出版元 有斐閣
刊行年月 2013.5
版表示 第3版.
ページ数 433p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-22004-1
NCID BB12579067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22258318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想