月並発句合の研究

永井一彰 著

本書は引札(ちらし)を活用し広く句を募り勝句を決するという近世期を通じて広く行われた俳諧の楽しみ方の一つである発句合、中でも「月並発句合」と呼ばれる、月一回(もしくは二回)開催される俳諧の興行の仕組を、地域・撰者・摺物・点帖などの切り口によって考察するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論考編(元禄月並発句合
  • 宝暦・安永・天明月並発句合
  • 几董判月並発句合)
  • 翻刻編(几董判月並発句合
  • 落梅窩星池撰三棲月並発句合
  • 聴亀菴紫暁撰月並発句合):宝暦、安永・天文月並発句合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 月並発句合の研究
著作者等 永井 一彰
書名ヨミ ツキナミ ホックアワセ ノ ケンキュウ
書名別名 Tsukinami hokkuawase no kenkyu
出版元 笠間書院
刊行年月 2013.5
ページ数 612p 図版5枚
大きさ 22cm
ISBN 978-4-305-70696-6
NCID BB12574529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22255023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想