安丸良夫集  5 (戦後知と歴史学)

安丸良夫 著 ; 島薗進, 成田龍一, 岩崎稔, 若尾政希 編集

近代化論批判から社会史の評価、現代歴史学の課題の展望まで、初めて体系的に提示される著者の戦後史学史論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦後知としての歴史学(戦後知の変貌
  • 黒田俊雄の中世宗教史研究-顕密体制論と親鸞
  • 色川大吉と戦後歴史学-「民衆史」の構想力
  • 回顧と自問
  • 歴史意識の黄昏?)
  • 2 方法意識とイデオロギー(日本の近代化についての帝国主義的歴史観
  • (書評)坂田吉雄編『明治維新史の問題点』
  • 日本マルクス主義と歴史学
  • 方法規定としての思想史
  • 前近代の民衆像
  • 民衆史の課題について-井上幸治『近代史像の模索』・林英夫『絶望的近代の民衆像』を読む)
  • 3 社会史の時代(「脱構築」の時代
  • 「全体史」のゆくえ
  • 阿部社会史、原点への回顧-阿部謹也『北の街にて』解説
  • 比較への意志-阿部謹也『ヨーロッパを見る視角』解説)
  • 4 現代歴史学の課題を求めて(語りえぬことを語ることについて
  • 丸山思想史学、遠望する灯火
  • 社会学部の学問を振り返って
  • 遅塚さんと二宮さん)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安丸良夫集
著作者等 安丸 良夫
岩崎 稔
島薗 進
成田 竜一
書名ヨミ ヤスマル ヨシオ シュウ
書名別名 Yasumaru yoshio shu
巻冊次 5 (戦後知と歴史学)
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.5
ページ数 379p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-028585-8
NCID BB12561957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22263310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想