有岡利幸 著

「稲は柳に生ず」と豊作の目安になるほど生活に密着していた樹木、柳。容器や調度品、火薬や薬品の原料とされ、街や川沿いの風景を演出するなど、さまざまなかたちで親しまれてきた歴史をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 万葉時代の柳
  • 第2章 平安時代の柳
  • 第3章 鎌倉・室町時代の柳
  • 第4章 伝承される柳の話と歌
  • 第5章 稲は柳に生ず
  • 第6章 柳から生まれるもの
  • 第7章 近世の江戸と京の柳
  • 第8章 近現代の柳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 有岡 利幸
書名ヨミ ヤナギ
書名別名 Yanagi
シリーズ名 ものと人間の文化史 162
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2013.6
ページ数 317p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21621-3
NCID BB1255868X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22297461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想