昔ばなし : あの世とこの世を結ぶ物語

古川のり子 著

神話から昔ばなしへときをこえて繰り返す物語に共通の世界観とは-絵本で親しんだ昔ばなしのもととなった各地の伝承から豊穣をもたらす自然、避けられない死へのおそれを浮かび上がらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 桃太郎-桃太郎はなぜ犬と猿と雉を連れていくのか
  • かちかち山-トリックスター、稲羽の素兎の末裔たち
  • 鬼の子小綱-笑いと性の力が春を呼ぶ
  • 三枚の護符-便所はあの世の出入り口
  • 蛇婿入り-苧環はなぜ蛇を退治するのか
  • 鉢かづき姫-顔を覆い隠す花嫁
  • 一寸法師-脱皮する少年たち
  • ホトトギスと兄弟-夜鳴く鳥の悲しい前世
  • 蛇女房-無欲と貪欲の報酬
  • 産神問答-魂を掃き出す箒の力
  • ミソサザイは鳥の王-仁徳はいかにして聖帝になったか
  • 花咲爺さん-お爺さんはなぜ犬の灰をまくのか
  • 浦島太郎-分d南sあれた乙姫の玉手箱

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昔ばなし : あの世とこの世を結ぶ物語
著作者等 古川 のり子
書名ヨミ ムカシバナシ : アノヨ ト コノヨ オ ムスブ モノガタリ
出版元 山川出版社
刊行年月 2013.5
ページ数 245p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-634-15038-6
NCID BB12542839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22249899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想