停電が一番わかる : なぜ大規模停電は起きるのか背景に潜む電力事情に迫る

大嶋輝夫 著

儲け最優先の電力自由化、発送電分離の末に起こったニューヨーク大停電。わが国でも、再生可能エネルギーの不安定さを尻拭いする道筋をひかなければ、大停電は対岸の火事ではない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 NY大停電はなぜ起こったのか
  • 第1章 停電とは何か
  • 第2章 計画停電
  • 第3章 電力使用制限令と節電
  • 第4章 再生可能エネルギーの普及と大停電
  • 第5章 発送電分離とスマートグリッド
  • 第6章 停電に備える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 停電が一番わかる : なぜ大規模停電は起きるのか背景に潜む電力事情に迫る
著作者等 大島 輝夫
大嶋 輝夫
書名ヨミ テイデン ガ イチバン ワカル : ナゼ ダイキボ テイデン ワ オキル ノカ ハイケイ ニ ヒソム デンリョク ジジョウ ニ セマル
書名別名 Teiden ga ichiban wakaru
シリーズ名 しくみ図解 036
出版元 技術評論社
刊行年月 2013.6
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7741-5629-3
NCID BB12533496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22246567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想