ウルトラマンがいた時代

小谷野敦 著

高度経済成長が一息つき、七〇年安保闘争は挫折、公害問題が浮上し、オイルショックもあった七〇年代初頭。三島由紀夫や川端康成が自殺し、日本が自信を失っていたあの時代、特徴・怪獣ものの世界にも大きな転機が訪れていた。全ウルトラ・シリーズの中で、『ウルトラセブン』の完成度の高さは論を俟たない。しかし、『帰ってきたウルトラマン』こそ、あの「暗い」時代の雰囲気を体現していた象徴的作品なのだ。その象徴性を決して「論」じることなく、あの時代に沈潜しながら、自分史の一部として語ってみる方法を本書は試みた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ウルトラマンがいた時代
  • 第1章 怪獣前史
  • 第2章 一九七〇年の暗さ
  • 第3章 怪獣使いと少年
  • 第4章 一九七二年
  • 終章 ウルトラマン、再び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウルトラマンがいた時代
著作者等 小谷野 敦
書名ヨミ ウルトラマン ガ イタ ジダイ
シリーズ名 ウルトラマン (テレビドラマ) 403
ベスト新書 403
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2013.4
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-584-12403-1
NCID BB12525738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22234333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想