東日本大震災と社会認識 : 社会科学の眼を通して災害を考える

竹内常善, 斉藤日出治 編

社会認識の革新が災害に強い社会を生む。経済学・人権・社会福祉・NGO・歴史認識という多角的な視点から、震災と日本社会の関係を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 災害の複合化と社会認識-経済学の現状とのかかわりで(戦後改革と見落とされた課題
  • 現代経済学の諸潮流
  • 災害研究とアジア研究の接点
  • おわりに)
  • 第2章 震災と人権(災害対応の三段階
  • 今回の震災における対応の問題点-情報共有の欠落
  • 横の「とも」と縦の「共」
  • 人権より上の「公共の福祉」
  • 政府にとっての人権-「思いやり」
  • 欧米の公と日本の公
  • 諸外国の法制度および国際条約における「知る権利」
  • おわりに-私たちの目指す社会)
  • 第3章 東日本複合大災害とこれからの社会福祉(「くらし(生活)」が成り立っているようす
  • 社会福祉の位置と役割
  • 過去の大災害時に社会福祉(社会事業)が果たした役割
  • 東日本複合大災害で社会福祉の果たした役割と社会福祉の代替性
  • おわりに)
  • 第4章 中国の四川大地震とNGO(中国社会における政府とNGOの関係
  • 四川大地震への取り組み
  • NGOの問題点
  • 政府との良好な協働関係の構築
  • おわりに)
  • 第5章 福島の核爆発と歴史を見る眼-日本に落ちた三度目の原爆(被爆という過去との遭遇
  • 植民地主義という過去との遭遇
  • 経験に基づく社会の不在
  • おわりに-経験に基づく社会の創造)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東日本大震災と社会認識 : 社会科学の眼を通して災害を考える
著作者等 斉藤 日出治
竹内 常善
書名ヨミ ヒガシニホン ダイシンサイ ト シャカイ ニンシキ : シャカイ カガク ノ メ オ トオシテ サイガイ オ カンガエル
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2013.3
ページ数 178p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-0746-5
NCID BB12507849
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22338489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想