北朝鮮は何を考えているのか : 金体制の論理を読み解く

平岩俊司 著

ミサイル発射、核実験、拉致問題、休戦協定の白紙化宣言…、国際社会を挑発しつづける北朝鮮の真意とは何か?冷戦およびその解体プロセスが生んだ朝鮮半島の複雑な状況や、分断国家という特異性など、北朝鮮が背負った歴史を紐解きながら、不可解な行動の背後にある北朝鮮独自の「論理」を読み解いていく。さらに、北朝鮮の政治体制の考察や国際情勢の分析を通して、北朝鮮にまつわる諸問題を解決するための方途を探る。第一人者の筆による、現代北朝鮮を知るための決定版の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ「ならず者国家」と呼ばれるのか
  • 第1章 なぜ独裁体制は継続しているのか
  • 第2章 核やミサイルを開発するのは何のためか
  • 第3章 なぜ国際社会を翻弄するのか
  • 第4章 日本は北朝鮮とどう向き合うべきか
  • 終章 北朝鮮は何を考えているのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北朝鮮は何を考えているのか : 金体制の論理を読み解く
著作者等 平岩 俊司
書名ヨミ キタチョウセン ワ ナニ オ カンガエテ イル ノカ : キムタイセイ ノ ロンリ オ ヨミトク
出版元 NHK
刊行年月 2013.4
ページ数 261p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-081601-1
NCID BB12504090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22242680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想