新・ローマ帝国衰亡史

南川高志 著

地中海の帝国と言われるローマ帝国は、実は「大河と森」の帝国だった?衰亡の最大原因とされる「ゲルマン民族」は存在しなかった?あの巨大な帝国は、わずか三〇年で崩壊した?-歴史学の最新の知見から"二一世紀の衰亡史"を語り、栄えた国が衰えるとはどういうことか、国家とはそもそも何なのかを考えさせる、刺激的な一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 二一世紀のローマ帝国衰亡史
  • 第1章 大河と森のローマ帝国-辺境から見た世界帝国の実像
  • 第2章 衰退の「影」-コンスタンティヌス大帝の改革
  • 第3章 後継者たちの争い-コンスタンティウス二世の道程
  • 第4章 ガリアで生まれた皇帝-「背教者」ユリアヌスの挑戦
  • 第5章 動き出す大地-ウァレンティニアヌス朝の試練
  • 第6章 瓦解する帝国-「西」の最後
  • 終章 ローマ帝国の衰亡とは何であったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・ローマ帝国衰亡史
著作者等 南川 高志
書名ヨミ シン ローマ テイコク スイボウシ
書名別名 Shin roma teikoku suiboshi
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1426
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.5
ページ数 212,7p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431426-4
NCID BB12490600
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22262097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想