近代発明家列伝 : 世界をつないだ九つの技術

橋本毅彦 著

大航海時代から産業革命を経て、交通と通信の革命が到来する。世界を制するとは、時間と空間を制することだった。世界時間が定まり、エンジンを搭載した輸送機械が作られ、電話と無線が地球全体をつなぎ、現代世界が生まれた。ワット、エジソン、ベル、ライト兄弟ら、鍵となった九つの技術をめぐる発明家の苦闘と意外な結末を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ハリソン-世界時刻の計測
  • 第2章 ワット-産業革命の原動力
  • 第3章 ブルネル-大英帝国の技術ビジョン
  • 第4章 エジソン-発明と経営の間で
  • 第5章 ベル-電信から電話へ
  • 第6章 デフォレスト-無線通信とラジオ放送
  • 第7章 ベンツ-ガソリンエンジン搭載の自動車
  • 第8章 ライト兄弟-空間意識を変えた飛行機
  • 第9章 フォン・ブラウン-宇宙ロケットとミサイル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代発明家列伝 : 世界をつないだ九つの技術
著作者等 橋本 毅彦
書名ヨミ キンダイ ハツメイカ レツデン : セカイ オ ツナイダ ココノツ ノ ギジュツ
書名別名 Kindai hatsumeika retsuden
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1428
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.5
ページ数 195,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431428-8
NCID BB12488096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22262093
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想