自治体のエネルギー戦略 : アメリカと東京

大野輝之 著

一部産業界や中央官僚OBの作る「壁」を突き崩し、東京では省エネとCO2削減を徹底する「都市型キャップ&トレード」が、福島原発事故の3年前に実現していた。世界が注目する制度は、いったいどうやって出来たのか?東京都政策担当者が、東京、および同時期に同様の政策を実現したアメリカの都市・州の例から、エネルギー政策の転換に必要な戦略を具体的に示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 迫られる気候変動対策-「もうひとつの政府」が挑む
  • 第1部 アメリカの都市と州の挑戦-先駆ける地域・企業・NGO(「偉大な環境都市」をめざす-ニューヨーク市
  • 地域キャップ&トレードのパイオニア-北東部諸州
  • 住民投票で石油資本に勝利-カリフォルニア州
  • アメリカの気候変動対策の展望)
  • 第2部 東京の挑戦-ボトムアップで実現した先駆的施策(東京型キャップ&トレードへの道
  • 「政策の壁」を崩した四つの力
  • 3・11と東京-何が「電力危機」回避を可能にしたか)
  • 自治体から新たなエネルギー政策を築く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自治体のエネルギー戦略 : アメリカと東京
著作者等 大野 輝之
書名ヨミ ジチタイ ノ エネルギー センリャク : アメリカ ト トウキョウ
書名別名 Jichitai no enerugi senryaku
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1424
出版元 岩波書店
刊行年月 2013.5
ページ数 232,3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431424-0
NCID BB12486057
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22262096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想