幕僚たちの真珠湾

波多野澄雄 著

誰もが望まなかった対米戦争になぜ踏み切ったのか。日中戦争の収拾が見通せず、米国との対立が深まる中、「国策」決定の中枢を担った陸海軍の幕僚たち。精神論を排したはずの彼らは何ゆえ誤ったのか。開戦の真実に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 陸軍中央幕僚の群像
  • 第1章 国家の曲がり角-一九四〇年
  • 第2章 「南進」と日米交渉
  • 第3章 新国策の決定
  • 第4章 「関特演」と幕僚たち
  • 第5章 全面禁輸への反応
  • 第6章 九月六日の御前会議
  • 第7章 東条内閣と幕僚たち
  • 第8章 最後の決断
  • 終章 その遺産と負債

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕僚たちの真珠湾
著作者等 波多野 澄雄
書名ヨミ バクリョウタチ ノ シンジュワン
シリーズ名 読みなおす日本史
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2013.6
ページ数 248p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-06394-4
NCID BB12475185
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22250935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想