3・11以後とキリスト教

荒井献, 本田哲郎, 高橋哲哉 著

東日本大震災と原発事故は、私たちを深い問いの前に立たせた。足元が揺らぎ、世界像が崩れ去ったこの時代に、宗教はどんなメッセージを発することができるのか。批判的聖書学の立場から、釜ヶ崎で二三年におよぶ支援活動の経験から、そしてキリスト教の新しい解釈可能性を探る哲学の位置から、聖書を掘る。死とは何か、死者たちとは誰なのか、試練とは、慰めとは何か。黒い海に流された人びとにとって、神とは何でありえたのか。聖書との真率な対話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 そこが知りたい聖書への九つの問い(小さくされた人びとから
  • 弱さを絆に)
  • 2 討議3・11以後とキリスト教(天罰という考え方
  • 与えられてあるいのち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 3・11以後とキリスト教
著作者等 本田 哲郎
荒井 献
高橋 哲哉
書名ヨミ サン イチイチ イゴ ト キリストキョウ
出版元 ぷねうま舎
刊行年月 2013.3
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-906791-13-2
NCID BB12474896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22225091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想